男のスキンケア/トラブルの種類と改善方法

毛穴・シワ・たるみなど、男性の肌トラブルはさまざま。その原因は肌ストレスの蓄積・乾燥・加齢によるものなど多岐にわたっていて、その対処方法もさまざまなのです。

 

そこで今回は、男性の肌トラブルの種類と対策についてご紹介いたします。

 

【男のスキンケア/肌トラブルの種類と対処方法について】

≪肌トラブルの種類と対策≫

肌トラブルにはいくつもの種類があり、それぞれ対策方法に違いがあります。正しい知識の元対策を行えば、肌へのダメージを軽減できる・コンディションを整える事も可能になりますので、是非取り組んでみて下さい。

 

<毛穴トラブル>

毛穴トラブルには、詰まり・開き・たるみの3種類が存在します。

 

■毛穴詰まりの状態

毛穴詰まりとは、古くなり剥がれ落ちた角質と、皮脂が毛穴に詰まってしまい、洗顔などではケア出来ない状態の毛穴の状態を指しています。

 

最初は詰まった毛穴が白っぽい状態ですが、そのまま放置してしまったら、詰まった角質と皮脂が酸化を起こし、黒ずむこともあります。

 

■毛穴詰まりに有効なケア

毛穴つまりに効果的なスキンケアはピーリングです。このピーリングは、肌全体の古い角質を取り除き、毛穴のつまりも解消してくれます。

 

■たるみ毛穴の状態

たるみ毛穴の原因は加齢によるものが殆ど。年齢を重ね、ハリを失った肌は徐々に下垂気味になり、毛穴も徐々にたるみはじめ、なみだ型に広がります。これがたるみ毛穴の正体なのです。

 

■たるみ毛穴に有効なケア

たるみに有効な成分の代表がレチノールです。すべてのスキンケアアイテムに配合されている成分ではありませんので、毛穴のたるみを目指すならば、成分表をチェックして「レチノール配合」と表記されているスキンケアアイテムを活用してみましょう。

 

■開き毛穴の状態

開き毛穴は、乾燥する季節に発症しやすいとされています。乾燥した肌は弾力を失い、肌がつっぱったような状態になります。この時に肌はそのツッパリ感通り、実際に引っ張られて伸びている状態です。そのままの状態が続けば、肌は伸びた状態のまま戻らなくなります。当然、毛穴がある部分にも同じ事が起こっていますので、毛穴は開いた状態のまま定着してしまうという訳なのです。

 

■開き毛穴に有効なケア

肌の乾燥を放置して、毛穴が開いてしまった後では改善は非常に困難になります。ですので、そうなる前の対策が必須です。一年を通して肌の乾燥には注意を払い、洗顔後の保湿をしっかり行うことで、毛穴開きを防ぐことができます。

 

<シワ・たるみ>

肌の老化が進むと、どうしてもシワやたるみが現れます。これは、肌の奥深い真皮層で、肌の弾力を担っていた成分であるコラーゲン繊維とエラスチンが減少したことによって起きている現象ですので、ある程度は仕方のない事なのです。

 

しかし、ケア次第でこの現象にも個人差が現れます。少しでも長くシワやたるみのない肌を保つためには、その原因を取り除くことと、スキンケアで対策を行う事、生活習慣で更にサポートする事が必要です。

 

■目じりの小じわ対策

目じりの小さなシワ対策には保湿が一番。顔全体の保湿はもちろんの事、顔の中でも特に乾燥を感じるパーツがあるならば、特に丁寧に保湿を行います。必要に応じてミルクやクリームを取り入れれば、さらに効果的な対策となりますのでおススメです。

 

■真皮層からくる大きなシワ

真皮が痩せる事でできるシワには、スキンケアよりも、コラーゲンの経口補給が有効です。

 

食べ物で摂取するのは一見有効な方法のように感じますし、ある程度の効果は期待できるのですが、デメリットも。コラーゲンを含む食べ物のの多くは、高カロリー。つまり太りやすい食べ物が多いといった欠点があるのです。これが肥満など別の問題を引き起こす場合もあり、健康問題に発展してしまいますので注意が必要です。

 

安全に確実にコラーゲンを摂取するならば、サプリメントや飲料で摂取する方法がおススメです。

 

■表情の癖でできるシワ

眉間にしわを寄せる癖があれは眉間にシワができますし、口をへの字に曲げる癖があれば、口角が下がり、その時の表情通りにシワが刻まれます。

 

表情からできるシワは、表情の作り方を変えることで改善される場合がありますので、周囲の人から普段の自分の表情の癖を教えてもらい、鏡を見ながら改善する訓練を行いましょう。

 

■目の下のクマ

目の下が膨らんで、たるみが出来てしまう事があります。これは、真皮層のコラーゲンの減少と、目の周囲の筋力の低下が原因で起こっている現象なのです。

 

コラーゲンの摂取と、目の周囲を中心とした表情筋トレを行う事で改善する場合もありますので、是非挑戦してみましょう。

 

■法令線

これも同じく加齢が原因。頬の筋力が低下する事で、ほほが下がってきてしまう事が、法令線が濃くなる原因です。こうなると、スキンケアでの改善はなかなか困難です。

 

しかし、表情筋トレを行うことで、劇的に改善したケースもあります。頬を思いっきり膨らませる・舌を思いっきり前に出す・あいうえおと大きな声で言いながら、大げさに表情を作ってみるなど、顔の筋トレをしてみましょう。

>>シミ消しクリームランキング!色白美肌から愛されている人気商品は?

【まとめ】

大人の肌トラブルには、スキンケアで対処できるものと、食事や生活の改善が必要な物、あるいは表情筋トレを行い改善すべきものなどがあります。

 

自信の悩みと向き合い、自分にとって必要なケアは何なのか?と考えたうえで、必要なケアを生活に取り入れてみましょう。

 

白髪対策にヘアマニキュアが有効な理由

白髪対策、案外大変ですよね。タイミングを見計らったり、髪の毛のダメージを心配しながらカラーリングしたり。あるいは、行事予定にあわせて一番良い状態を持って行けるように調整したり。「一番いい状態を本番に持ってくるのです!!」って、まるでアスリート?そんなふうに感じる事すらありませんか?

 

そんな風に暑苦しく語っていると、「大げさな、染めるだけでしょ」なんて言われる事もあります。確かに染めるだけなのですが、それが案外問題山積なのです。

 

「せっかく染めた白髪なのに、すぐに色落ちした」とか、「染まったけど、髪が傷んでしまった」、あるいは体調次第では「頭皮がひりひりして、途中で断念」なんて事もあるのです。

 

そこで登場するのが、「ヘアマニキュア」。実はこれを上手に活用すれば、白髪染めにも活用できますし、白髪染めの色持ち効果・髪の毛の艶感アップなどに役立つのです。

 

今日は、なぜヘアマニキュアが白髪染めに有効なのか?その具体的な使い方についてご紹介します。

 

【白髪染めにヘアマニキュアを活用しよう】

白髪染めにヘアマニキュアは向かない。そんな風に考えている人もいますよね。実は私もその一人。昔そんな話を聞いて以来、白髪染めにヘアマニキュアを使うという事すら思いつきませんでした。

 

しかし、それ以降長い年月が経過していますので、ヘアマニキュア事情にも変化があったのでは?なんて期待しています。普通の白髪染めを使って染めればそれで済むことなのですが、強い薬剤を使った白髪染めには色々トラブルがつき物なのです。もし、ヘアマニキュアでのケアが可能なら、是非とも試してみたいのです。

 

《ヘアマニキュアってどんなもの?》

ところで、ヘアマニキュアってどんなものなのでしょうか?白髪染めと何が違っているのでしょうか?まずはそこからご紹介したいと思います。

 

(ヘアマニキュアと白髪染めの違い)

ヘアカラー剤は、永久染毛剤と半永久染毛料に分かれています。まずは、それぞれの特徴をご紹介します。

 

永久染毛剤

白髪染め・ファッションカラーなど、カラーリング効果の高い薬剤の事。一度染めるとその効果は長く継続し、短くて1か月、一般的には2か月程度は染色の状態が続くと言われています。しかし、強い薬剤を使用して髪の表面のキューティクルを剥がす事で髪に色を入れるため、髪の痛みはどうしても避けられません。加えて、頭皮に対する刺激・トラブルなどの問題が発生する場合があるのです。

 

半永久染毛料

ヘアマニキュア・トリートメントタイプのカラー剤がこれに該当します。半永久染毛料の場合、髪の表面付近にのみ染料が入る仕組みのため、せっかく染まった髪の毛が、2~3週間程度と比較的早い段階で色落ちするという特徴があります。そして、使用を中断すると、元の髪色に戻ってしまいます。

 

しかし、永久染毛剤に比べて優しい薬剤を使用しているため、髪の痛みが少ないのが特徴の1つです。

 

《ヘアマニキュア活用方法》

(次のカラーまでのつなぎとして)

白髪を染めて、一安心。と思いきや、早い人なら1週間で何となく気になり、2週間もたったなら、外出するのが億劫になるくらいに目立っている事もあります。そんな時に役立つのがこのヘアマニキュアなのです。

伸びてきた根元だけをカバーする事で、白髪をごまかす事が出来るのです。これは、白髪染めでもできますが、白髪染めを2週間に1回使用するのは、髪と頭皮に対するダメージが心配。しかし、ヘアマニキュアなら、ダメージの程度が低減されるのでオススメの方法なのです。

 

(ヘアマニキュアで直接白髪を染める)

とにかく髪が痛むのは困るのヨ。そんな場合には、白髪染めは使用せず、このヘアマニキュアだけでケアする事も可能です。

ただし、色落ちの問題がありますので、こまめにケアできる人にオススメ。そして、白髪の量比較的少な目の人にオススメの方法です。

 

(ヘアマニキュアで退色防止・艶感アップ)

白髪染めを使用して、その後全体をヘアマニキュアでカバーすれば、白髪染めの色落ち防止にも役立つのです。同時に、白髪染めで傷んだ髪の毛に艶を与えてくれるので、パサついた髪の毛が綺麗に見えるというメリットもあるのです。

 

《こんな人にはヘアマニキュアは向かない?》

ヘアマニキュアは、髪をいたわりつつ、白髪を目立たなくしてくれるものなので、全体が白髪の人や、しっかりと染めて、長く色を保ちたい人には不向きかもしれません。もし、目的に合った使用方法があれば、一度試してみてください。

 

【まとめ】

白髪染めは1つのアイテムだけで完結させるのではなく、組み合わせてケアする事で痛みの低減や、白髪が目立つ前にケアする事が可能になるのです。どのアイテムをどのタイミングで活用するのか?色々とパターンを考えておけば、「いざ」という時に役立ってくれます。普段から、使いこなしておければ慌てることなく対応できるかもしれませんね。

白髪染めの基本情報に関して